耳を育てることが重要

国旗

2歳から5歳くらいまで

幼少期、海外で英語に触れる事は、耳を育てるという意味では最も優れた学習方法として多くの人に知られています。学習のために子供たちの関心を引くカリキュラムや学習教材に触れさせることは重要で、選択肢によって関心が大きく変わるでしょう。英語圏の友人がいると自然に言葉を覚える可能性は高いといわれ、幼少期から海外への語学研修に行く親子も少なくありません。語学研修に行く時間やチャンスが少なくても、英語圏のネイティブスピーカーが話している教材を使うことで補える場合もあります。実際にネイティブスピーカーが話している音を耳がとらえられる環境づくりが、幼少期の教育に一番重要です。特に海外で語学研修を幼少期から受ける事は、英語に対する心理的な抵抗感を生む前に楽しみながら学ぶ人間に育てます。抵抗なく学ぶためには、幼少期からの価値観へ大きな影響をもたらす為、海外へ出かける事を推奨する人も少なくありません。特に2歳から5歳くらいまでの幼少期では、語学を聞き取る能力が大人よりもはるかに高い為、耳を育てるためには重要です。早目に英語を直接触れられる環境に出かける事で、英語への抵抗感なく学習能力を高めることにつながるでしょう。日本国内にいる場合には、ネイティブスピーカーが語学を教える学校に通わせる事で、海外留学に近い語学学習が可能です。子供の英語に対する耳を育てるためには、早目に子供向けのカリキュラムを提供しているスクールに通わせましょう。

Copyright© 2018 幼少期の子供に英語を身につけさせよう【英語を学ぶタイミング】 All Rights Reserved.