時代の変化を感じて

男の子

我が子にさらなる可能性を

時代はどんどん移り変わり、今では小学校に入学した時からダンスをすることが必修になったり、英語の授業が当たり前に行われるようになりました。私達大人が小学生だった幼少期の頃には、とても考えられません。中でも近年、英語力の必要性が特に謳われています。では、子供の英語力を伸ばすためには一体どうしたらいいのでしょう。その答えは、幼少期の環境や経験が何より大切だということが分かっています。大きくなってから、英語を勉強科目として捉えて文法などから身につけていくよりも、幼少期から毎日の生活や遊びの中で英語を身につけることが最も大切だと、一説では言われているのです。最近では、保育園や幼稚園などの主活動の遊びの中で、英語を何気なく取り入れる施設も増えてきました。実際、私自身も保育士をしていますが、動物や果物や色などを簡単な英語にするようなカードゲームを考えて遊びとして行なったり、英語の歌を部屋で流して歌ったりしています。子供たちは勉強だとは思わずに遊びと捉えて、皆とても楽しんでいます。私立の幼稚園の中には、外国人の方を招いて毎週決まった時間に英語のゲームを取り入れているところもあるそうです。どの施設もこのようなことを行なっているとは限らないので、幼少期の教育施設の選び方が親として大切になってくるようですね。また、幼少期から入れる塾のような施設でも同じように英語を遊びとして取り入れて学ばせてくれるところが最近では増えてきました。このように、幼少期どのように過ごすといいのかが重要となり、我が子がにさらなる可能性を与えられるようです。

Copyright© 2018 幼少期の子供に英語を身につけさせよう【英語を学ぶタイミング】 All Rights Reserved.