絵本の読み聞かせの意義

教師と生徒

絵本は言葉の獲得に最適

幼少期に英語教育を始めるなら、絵本の読み聞かせから始めると良いでしょう。英語教育の方法としては、実際に話すことで身に付けたり、単語の学習や文法の学習があげられます。しかし、特に幼少期であれば、次のような5つの理由から、絵本の読み聞かせをすることが良いと考えられます。第1に、コミュニケーションのための言葉は、最初は「話す」ことよりも「聞く」ことから始まります。子どもはたくさんの言葉を聞いて、それが蓄積されることで、自ら自由に話せるようになっていきます。絵本教材は、その「聞く」体験を自然にさせられるため、幼少期の英語教育においても良い教材となりえます。第2に、絵本には、絵があるため、英語の言葉を聞きながら状況をイメージしやすいことがあげられます。第3に、選ぶ絵本によって、現実的な体験や非現実的な体験ができ、想像力が高まります。したがって、英語の言葉が意味することを体験的に理解できるようになります。第4に、絵本の内容によっては、生きていく知恵や教訓などを組み込むことができます。英語の言葉を身に付けるだけでなく、そのような教育をとおして、様々な知恵を獲得するのに役立ちます。第5に、絵本教材は、オリジナルの絵本を作ったり、演劇などに用いるなど、多様な使い方ができます。したがって、絵本の読み聞かせは、英語教育において重要な選択肢の1つといえるでしょう。幼少期の子どもの多くは絵本が大好きなので、楽しい雰囲気の中で英語に対する興味・関心を育てることにもつながります。

Copyright© 2018 幼少期の子供に英語を身につけさせよう【英語を学ぶタイミング】 All Rights Reserved.